No.6
平成21年5月7日(木)
   TOKi通信はステンレスパッキンやノンパッキン溶接フェルールを御利用いただいていているお客様と資料御請求やお問い合せを頂きましたお客様
   にお送りしています。 今後弊社からのメール配信がご不要のお客様は、誠にお手数とは存じますが配信担当の中山(nakayama@toki-eng.com)
   でその旨ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

   風薫る五月、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり誠にあ
   りがとうございます。
    さて今月のTOKi通信では、ステンレスパッキンやノンパッキンフェルールの使用時に漏れの原因となる溶接ヒズミ
   についてのお知らせと、お客様からのご質問をいただくフェルールの IDFとISO の規格(サイズ)についてお知らせ
   いたしますので是非ご覧ください。



  フェルール溶接時はヒズミにご注意ください!
   TOP-P(ステンレスパッキン)または、TOP-F(ノンパッキンフェルール)をご使用になる場合、フェルールの溶接に
   ご注意ください。 施工時の溶接による熱でフェルール面にヒズミが生じる場合があります。 
   ヒズミがあるフェルールにステンレスパッキンやノンパッキンフェルールを使用された場合、漏れの原因となります
   ので溶接時はヒズミがでないように注意してください。

※ フェルールは溶接の仕方によって、ヒズミが発生しパッキン面が(図A)のように
  反り曲り漏れの原因となったりインロー差し込み部の嵌合もできなくなることが
  ありますので、下記の点に注意して溶接してください。
  
  ① 溶接の際は相手側の溶接面を面一に仕上げてください。(図B)
  ② 溶接部はできるだけ真円にしてください。
  ③ 溶接は内周から始めてください。(溶接電流は低電流)
  ④ 外周を溶接する場合は、ヒズミ防止用のフェルールを取付けてクランプバンドを
    締めてから溶接してください。
  ⑤ フェルールと溶接部との間にできるだけ多くの仮付溶接をしてから溶接して
    ください。
  ⑥ フェルールに近い所に他のものを溶接する時は、溶接ヒズミを修正した後に
    溶接をしてください。
  ⑦ フェルールや溶接物の内面にヒズミ防止用の治具(ターンバックル等)を挿入し真円を保ってください。
  ⑧ 溶接後はヒズミ取りをしてください。
    1) 溶接箇所内面に当て板をしてから、外面を叩いて伸ばす。
    2) 溶接箇所を加熱する。
 

フェルールの IDF規格 ISO規格 について
 ご注意下さい! TOPパッキンご利用の際は、IDF・ISO規格のフェルールをご使用ください。
  TOPパッキンは、IDF(国際酪農連盟)や ISO(国際標準化機構)のフェルールの規格サイズに合うよう製作をしており
  ますが、最近この規格サイズ外のフェルールをご使用され漏れが発生する事例が散見されますので、くれぐれもTOP
  パッキンをご使用の際はこれにあう IDF・ISO規格のフェルールをお使いいただくようお願い申し上げます。

IDF 一般溶接ヘルールとステンレスパッキンのサイズ 
サイズ IDF溶接ヘルール ステンレスパッキン
サニタリー A B C D E F G H
8A 10.5 13.8 34.0 27.5 2.85 17 10.5 33.0
10A 14.0 17.3 34.0 27.5 2.85 17 14.0 33.0
15A 17.5 21.7 34.0 27.5 2.85 17 17.5 33.0
1.0S 23.0 25.4 50.5 43.5 2.85 50 23.0 50.0
1.5S 35.7 38.1 50.5 43.5 2.85 50 35.7 50.0
2.0S 47.8 50.8 64.0 56.5 2.85 50 47.8 63.0
2.5S 59.5 63.5 77.5 70.5 2.85 50 59.5 77.5
3.0S 72.3 76.3 91.0 83.5 2.85 50 72.3 90.5
3.5S 85.1 89.1 106.0 97.0 2.85 50 85.1 105.0
4.0S 97.6 101.6 119.0 110.0 2.85 50 97.8 118.0
4.5S 108.3 114.3 130.0 122.0 2.85 50 108.3 129.0
5.5S 133.8 139.8 155.0 146.0 5.60 50 133.8 153.0


ISO 一般溶接ヘルールとステンレスパッキンのサイズ 
サイズ ISO溶接ヘルール ステンレスパッキン
A B C D E F G H
8A 10.5 13.8 34.0 27.5 2.85 17 10.5 33.0
10A 14.0 17.3 34.0 27.5 2.85 17 14.0 33.0
15A 17.5 21.7 34.0 27.5 2.85 17 17.5 33.0
20A 23.0 27.2 50.5 43.5 2.85 50
23.0 50.0
32A 37.1 42.7 50.5 43.5 2.85 50 35.7 50.0
40A 43.0 48.6 64.0 56.5 2.85 50 47.8 63.0
50A 54.9 60.5 77.5 70.5 2.85 50 59.5 77.5
65A 70.3 76.3 91.0 83.5 2.85 50 72.3 90.5
80A 83.1 89.1 106.0 97.0 2.85 50 85.1 105.0
90A 95.6 101.6 119.0 110.0 2.85 50 97.8 118.0
100A 108.3 114.3 130.0 122.0 2.85 50 108.3 129.0
125A 133.8 139.8 155.0 146.0 5.60 50 133.8 153.0



  哲人のことば

   私たちは、してはならないことを知ることによって、しなければならないことを悟る。


   従って、失敗を決してしなかった人は、決して発見することもない。   

                                              サミュエル・スマイルズ
  



 ※ステンレスは、雑菌が繁殖しにくい材質ですので、清潔に使用することができます。なお頻繁に交換が不可能な
   高い場所、高温、高圧な箇所に非常に適しています。 分解、固定配管いずれも洗浄は簡単にできます。




 ステンレスパッキンをこれからもどうぞよろしくお願いします。  



TOKiエンジニアリングのホームページはこちらからご覧になれます。
     TOKiエンジニアリング株式会社 



※TOKi通信に関するご質問やご感想などについては下記宛までメールにてお送りください。
E-mail:nakayama@toki-eng.com




 TOKi エンジニアリング株式会社