No.7
平成21年6月5日(金)


   時折のぞく日差しの強さに初夏を感じる今日この頃ですが、皆様方におかれましてはいかがお過しでしょうか?
  さて今回のTOKi通信では、ステンレスパッキンをご使用いただいているお客様やご販売をいただいているお客様
  からのご質問とその答えを掲載しています。
  弊社へ聞いてみたいと思われていることと同じ内容もあるかもしれませんので是非ご覧ください。
  またその他のご質問などがございましたら、メールまたはお電話でお申し付けください。技術担当よりご連絡をさせ
  ていただきます。




ステンレスパッキン Q & A
Question Answer

止水の原理(どうして止まるの?)

パッキン側のテーパー(面)とフェルール側の縁(角)を
クランプバンド等による締付けにより精密完封して止める
ため漏れません。

なぜステンレスで作ったの?

ゴムやシリコンなどの欠点がない素材で耐薬品性や耐
腐食性に優れているためです。

なぜ振動に強いの?

ゴム系パッキンの場合は、振動がゴムに吸収されますが
ステンレスパッキンの場合は配管全体に分散されるので
振動に強く漏れません。

なぜフェルールに入れた時に隙間とグラつきがあるの?

一番大事なポイントで、とても重要です。
面と線との接触ですので、どこの位置でも接触してシール
するために必要な隙間とグラつきです。

どのくらい使用できるの?

保証期間はありませんが、ある食品メーカー様の例では
5年前に導入され毎日分解洗浄をされていますが現在も
続けてご使用いただいております。

日常の手入れ方法はどのようにすれば良いですか? 食品・飲料で推奨されている洗剤で洗浄してください。
どのメーカーのフェルールでも使えますか?

IDF/ISO規格のフェルールであればご使用いただけます。
※安価な外国製のフェルールの中には、外寸や径は規格
どおりになっていてもフェルール面の溝の部分が規格どお
りに製作されていないものがあります。規格外のフェルー
ルの場合は漏れの原因となりますのでご注意ください。

TOKiエンジニアリング以外で作っているステンレスパッキ
ンはありますか?

樹脂と貼り合わせた構造のサンドタイプはありますが
ステンレスのみのパッキンは他にありません。

取り付けをしてもらえますか?

ゴムやシリコン製のパッキンと取付方法は同じですので
お客様で簡単に取付けしていただけます。

10

摩耗したりしませんか?

摩耗することはありません。

11

サンプルがほしいのですが?

  

申し訳ありませんが、ご試用品も有償とさせていただいて
おります。

12

錆びたりしませんか?

ステンレスですから通常の使用で錆びることはありません
が、鉄などのもらい錆で発錆することも考えられますので
鉄材の傍にいつまでも放置するのは避けてください。

13

AタイプとBタイプはどう違うんですか?

Aタイプは、手洗いで洗浄されている配管(フェルール)に
お使いください。
Bタイプは、CIP洗浄をされている配管(フェルール)にお
使いください。

14

現在使っているゴム(シリコン)のパッキンと形状が異なる
のですが使用できますか?

ご使用中のパッキンがIDF/ISO規格のサニタリーパッキン
であれば大丈夫です。
ゴムやシリコンのパッキンとはシールする構造が全く違い
ますので形状が同じではありません。

15

IDF規格とISO規格とはなんですか?

IDF規格は国際酪農連盟規格で、ISO規格は国際標準化
機構規格になります。

16

現在使っているクランプバンドが使えますか?

サニタリー配管(フェルール)用のクランプバンドなら
そのままお使いになれますが、長年ご使用になっている
クランプはフェルールの締付け部が開いていたりして
漏れの原因となる場合がありますので、新しいクランプ
バンドまたは、高圧用の2Dクランプをお使いください。

17

クランプバンドはどのくらい締付けるのですか?

万一漏れが生じる場合は、しっかり締付けてください。

18

落としたりしてキズがついたら駄目でしょうか?

キズの箇所にもよりますが、シール面に損傷がなければ
問題ありません。

19

気体にもつかえますか?

検証実施はしておりませんが、ヘリウムガス・チッソガスの
供給試験装置には装着されています。(0.93mps)

20

粉体を送る配管に使用できますか?

使用できますが、高圧型2Dのクランプバンドを推奨しま
す。低圧型のクランプバンドの場合、長年使用による変形
や劣化があり漏れの原因となる場合があります。



以前お知らせしましたステンレスパッキンの取扱いについてはこちらからご覧いただけます。
TOP-P ステンレスパッキンの取扱いについて [漏れが発生した時の検証方法 ]





  哲人のことば

     我々の問題は、人間が生んだものである。それゆえ、人間はそれを解決することが
     できる。 そして人間は望むだけ大きくなれる。

  




 ※ステンレスは、雑菌が繁殖しにくい材質ですので、清潔に使用することができます。なお頻繁に交換が不可能な
   高い場所、高温、高圧な箇所に非常に適しています。 分解、固定配管いずれも洗浄は簡単にできます。




ステンレスパッキンをこれからもどうぞよろしくお願いします。



 TOKi通信はステンレスパッキンやノンパッキン溶接フェルールをご利用いただいていているお客様と資料ご請求やお問い
合せを頂きましたお客様にお送りしています。 今後弊社からのメール配信がご不要のお客様は、誠にお手数とは存じます
が配信担当の中山(nakayama@toki-eng.com)までその旨ご連絡いただきますようお願い申し上げます。





TOKiエンジニアリングのホームページはこちらからご覧になれます。
     TOKiエンジニアリング株式会社 



※TOKi通信に関するご質問やご感想などについては下記宛までメールにてお送りください。
E-mail:nakayama@toki-eng.com




 TOKi エンジニアリング株式会社