No.8
平成21年7月6日(月)

   うっとうしい季節となりましたが、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも一方ならぬお力添え
  にあずかり、誠にありがとうございます。

   さて、今回のTOKi通信は、ROBOMEC09地域交流ワークショップで、(独)産業技術総合研究所の上野先生にステン
  レスパッキンについてのプレゼンをしていただきましたのでその時の画像をご覧いただきたいと思います。下の画像
  をクリックしていただいたら、アクセスできますのでご覧ください。


ROBOMEC09地域交流ワークショップ AIST(独)産業技術総合研究所

2009/05/24:ROBOMEC地域交流ワークショップで行われた
ステンレスパッキンの挑戦 (構造による機能の実現)
プレゼン画像はことらからアクセスしてご覧いただけます。
←画像をクリックしてください。

2009/05/24:ROBOMEC
地域交流ワークショップ
http://staff.aist.go.jp/t.kotoku/mechatronics/events/2009/ueno.p.pdf




以前お知らせしましたステンレスパッキンの取扱いについてはこちらからご覧いただけます。
TOP-P ステンレスパッキンの取扱いについて [漏れが発生した時の検証方法 ]





  哲人のことば

   我々には、全ての困難を乗り越える力、活路を切り開く力があることを、疑ってはならない。
                                       チャーチル (元イギリス首相)

  




 ※ステンレスは、雑菌が繁殖しにくい材質ですので、清潔に使用することができます。なお頻繁に交換が不可能な
   高い場所、高温、高圧な箇所に非常に適しています。 分解、固定配管いずれも洗浄は簡単にできます。




ステンレスパッキンをこれからもどうぞよろしくお願いします。



 TOKi通信はステンレスパッキンやノンパッキン溶接フェルールをご利用いただいていているお客様と資料ご請求やお問い
合せを頂きましたお客様にお送りしています。 今後弊社からのメール配信がご不要のお客様は、誠にお手数とは存じます
が配信担当の中山(nakayama@toki-eng.com)までその旨ご連絡いただきますようお願い申し上げます。





TOKiエンジニアリングのホームページはこちらからご覧になれます。




※TOKi通信に関するご質問やご感想などについては下記宛までメールにてお送りください。
E-mail:nakayama@toki-eng.com




 TOKi エンジニアリング株式会社